TwinEcoのセンサー電球は2個セットでコスパがよろしい

こんにちは。

さて、今回は廊下灯をLEDセンサー付きの電球に交換したって話です。
ちなみに先日、玄関灯とお勝手の照明もセンサーライトに替えたばかりです。
どんだけセンサー好きなんだよって話ですね。

関連記事:
玄関灯をLEDセンサー付きに交換してみた
配線が無いところでも簡単に設置出来る照明が便利だった
我が家は廊下灯はスイッチの位置が微妙な位置にあり、スイッチを入れに行くまでの道のりが暗いので点けっぱなしにしていました。
電気代も勿体無いので通った時だけ点くセンサーライトが非常に便利なわけです。

TwinEco 極楽電球パッテラス


ネーミングは残念な感じですが商品は素晴らしいですよ。

こちらは2個セットの商品。
値段もお安くお得感があります。
もちろん1個での購入もできます。

外観

横からみるとこんな感じ。
ん!?なんかアレみたいな形してるな…」


このスリット部が放熱してくれるらしいです。

下からみるとこんな感じ。


あぁ!やっぱりアレだよな〜」
この方向からの画はいびつな感じがしますよね。
そう思うのは自分だけでしょうか?

カバーは樹脂(プラスチック)なので割れにくいのも特徴らしいです。

いざ設置

さっそく取り付けてみましたよ。


こんな感じです。
電球ってうまく撮れないから分りにくいですがオレンジの電球色です。

ちなみにこの電球カバーは嫁さんが夜なべして風船と麻ひもで作ってくれました。フゥ~。


感度は非常に良好です。
点灯時間は30~40秒くらいですが、その場でウロウロしてればずっと点灯してます。

昼間などの消灯時に、かすかに“ジ〜”って音がしてるので気になる人は電源を切っておくといいと思います。
僕は気にしないので常につけっぱなしですが。

まとめ

買ってよかった!
値段から、この性能で尚且つ2個セットなので申し分ないです。
LEDで電気代もお安くなるので大満足かと。

とりあえず試しにひとつ買ってみましたが、いい感じなので家中の電球をこれに変えようかなぁ、なんて考えてます。


追記:現在は2個セットの販売はしてないようです…。
スポンサーリンク
スポンサーリンク