デビューアルバムにして世界的名盤 / Guns N' Roses「Appetite For Destruction」

こんにちは!
私的名盤紹介のコーナーです。

今回は先日ライブに行って来たばかりで興奮冷めやらぬバンド、ガンズことGuns N' Rosesのアルバムを紹介します。

関連記事:
Guns N' Rosesのライブに行ってきた!

Appetite For Destruction / Guns N' Roses


Appetite For Destructionは1987年に発表されたGuns N' Roses(ガンズアンドローゼス)のデビューアルバムです。

デビューアルバムであり世界中で3000万枚も売り上げているこのアルバムは、もはや説明不要の世界的名盤となっています。

ジャケットは諸事情により発売当時とは変わっていますが、今じゃこのジャケットの方がしっくりきますね。
発売当時のジャケットは、ロバート・ウィリアムス作の絵画"Appetite for Destruction"(ロボットが女性をレイプする内容)を使用していたが、発売直後にクレームがつき、十字架のタトゥー柄に変更となった。「レイプ・ジャケット」は、後に日本発売のみのライヴ・ミニ・アルバム『EP(邦題「ライブ・フロム・ザ・ジャングル」)』に流用された後、1990年の日本再発版ではオリジナル・ジャケットが使用された。

出典:Wikipedia
ちなみに発売当時のジャケットはこんな感じでした。


これは苦情くるわ。

とはいえ、当時思春期真っただ中の僕にとっては、なにかとお世話になったジャケットでもあっただったわけです。テヘ☆彡

今も色あせない名曲揃い

このアルバムは全曲名曲、捨て曲なしのまさに名盤です。
それがデビューアルバムなのだから、いかに当時の彼らが凄かったのか想像できますよね。

1987年リリース当時は、ビルボード・チャートでは182位だったこのアルバムも、Welcome To The JungleのPV放映を期に、約1年後にはチャートNo.1に登りつめます。

Welcome To The Jungle



アルバム1曲目、イントロからやられます。
こんなPV観たらそりゃ誰だって興味わきますよね。

中盤の「You know where you are? You are in the jungle! You gonna die!」ってセリフは、アクセルの実体験が元らしいです。
「大きなフェンスに囲まれた、クィーンズ地区にある学校の校庭で一晩寝たんだ。すると、黒人の男が現れてこう言った『You know where you are? You are in the jungle! You gonna die! (オマエ自分がどこにいるのか、わかってるのか? ジャングルだよ! オマエ死ぬぜ!』ってね。だから、そのまま歌に入れたのさ」

出典:SUICIDE  SHIFT

マジかどうかは分かりませんがすごい話ですね。

しっかし当時のアクセルはめっちゃ美男子でしたね。
先日見たアクセルは・・・。

年月って怖いね。

Sweet Child O' Mine



名曲の中の名曲。
イントロのギターリフは有名ですが、スラッシュは曲に使用するつもりはなかったとか・・・。
スラッシュによるアルペジオが印象的だが、本人は適当に弾いたフレーズだったと言い、後に「『スウィート・チャイルド・オブ・マイン』が書かれた時、俺に関する限りではジョークに過ぎなかった」「俺にとっては悪夢だった」と語っている。

出典:Wikipedia
歌詞はアクセルが当時のガールフレンドを想って書いたというものです。
このアルバムではオアシスのような存在の曲ですね。
普段怖い人が実はめっちゃやさしかった、って感じの曲ですね。
このギャップに世の女性たちはやられるんだろうな…。

Rocket Queen



アルバムのラストナンバーで、なにかと曰く付きの曲。
上のライブ動画も緊張感がハンパないです。

CDでは間奏に女性の喘ぎ声が入ってますが、これはレコーディング中にアクセルがホントに××してる時の声です。
普通じゃ考えられないよね。
最終曲「ロケット・クイーン」のブリッジ部分に収録されている喘ぎ声は、メンバーのアクセル・ローズがスティーヴン・アドラーの彼女だった19歳のストリッパー、エイドリアナ・スミスとスタジオでセックスした際にエイドリアナがオーガズムに達した声である。

出典:Wikipedia
つーかスティーヴンはその後もよくドラム叩けてたなw
  •  
  •  
  •  
全曲紹介したいけどキリがないのでこの辺で。

とにかく全編パワフルでカッコいい!
危険な香りもプンプンして、これぞハードロック!ってアルバムです。



私事ですが、この間のライブに触発されて、久々にエレキいじり始めました。
で、コレ買っちゃいましたw


ガンズは難しいけど弾いてて楽しい!

まとめ

この後、ドラムのスティーヴン・アドラーが解雇され、さらにギターのイジー・ストラドリンも脱退しメンバーも大幅に変わっていきます。
後のアルバムもすばらしい出来なんですが、このファーストアルバムを超えるインパクトはない気がします。

その理由はイジー・ストラドリンが脱退した理由と似ている気もします。
「個人的な好みから言えば、オレは単に5人編成でやったほうが楽しめるんだ。だから実際、以前は楽しんでいたんだよ。オレはバック・コーラスだのホーン・セクションだのを加えてからのGN'Rのショウには参加していないから、それに関して何だかんだとは言えないんだけど、個人的には5人組のただのロックン・ロール・バンドのほうが好きだよ。ああいう大掛かりなステージは、オレにとってはどうでもいいものだ。ただもうグチャグチャしてるって感じだろ? 込み入ってしまっていて、とにかく人が多すぎるんだ。」

出典:SUICIDE  SHIFT
個人的にもイジーのギターとスティーヴンのドラムが好きだったので、どうしても他のアルバムよりこのアルバムを選んでしまいます。


もし次回また来日することがあるのならば、その時は是非ともオリジナルメンバーで登場してほしいものです。

Appetite For Destruction

  1. Welcome to the Jungle
  2. It's So Easy
  3. Nightrain
  4. Out ta Get Me
  5. Mr. Brownstone
  6. Paradise City
  7. My Michelle
  8. Think About You
  9. Sweet Child o' Mine
  10. You're Crazy
  11. Anything Goes
  12. Rocket Queen
スポンサーリンク
スポンサーリンク